季節の訪れと伝統を体感する 催し物

仙巌園では、島津家に伝わる年中行事や日本の伝統文化にふれるイベントを数多く行っています。曲水の宴や草鹿式では、歴史絵巻さながらの光景を見ることができます。島津のお殿さまが愛した庭園で、魅力あふれるイベントをお楽しみください。

詳しく見る

磯地区の世界遺産候補をめぐろう!

磯地区の世界遺産候補をめぐろう!

みなさんは鹿児島市の磯地区に来年“世界遺産”になるかもしれない「世界遺産候補」があることをご存知ですか?
現在、尚古集成館、異人…

詳しく見る

【 2014年07月17日 更新 】

「変わり咲き朝顔展」が始まりました
2014年07月12日(土)〜07月27日(日)

「変わり咲き朝顔展」が始まりました

本日より「変わり咲き朝顔展」が始まりました。

56種類約300鉢の朝顔が並べられています。
身近な朝顔とは異なる色や形の朝…

詳しく見る

【 2014年07月12日 更新 】

「変わり咲き朝顔展」  苗の成長過程3

「変わり咲き朝顔展」  苗の成長過程3

種をまいてから71日目の苗です。
明日7月12日から始まる「変わり咲き朝顔展」に向けて、展示会場に並べられました。

先日…

詳しく見る

【 2014年07月11日 更新 】

仙巌園を満喫するためのコース案内

50,000平方メートルの敷地面積をほこる仙巌園には、歴史、文化、自然など様々な見どころが点在しています。大事なポイントを見逃さないために、4つのテーマで園内散策コースをご案内します。

詳しく見る

初めてなら

庭園見学 + 尚古集成館コース

とっても広い仙巌園。どこからどこまで見たらいいのでしょう?大事なところをしっかり押さえた、初めての方向けの基本コースをご紹介します。

詳しく見る

お急ぎなら

庭園はやまわりコース

仙巌園には興味があるけれど、ゆっくり見る時間がないという方!お庭のイイトコだけを見るなら、この順路でサクッとはやまわりしましょう。

詳しく見る

元気をチャージするなら

パワー&ヒーリングコース

350年以上の歴史がある仙巌園には、よい「気」が集まるパワースポットや心が癒されるヒーリングスポットがたくさん。知らないと見過ごしてしまう秘密のスポットを、こっそりご紹介します。

詳しく見る

リフレッシュするなら

トレッキングコース

仙巌園上級者向け!いつもの景色だけでは物足りないという方は、ちょっと高いところからの景色を見に行きましょう。片道およそ20分のショートトレッキングで、心も体もリフレッシュ!ただし、歩きやすい靴が必要ですよ。

詳しく見る

殿さまエリアに入るなら

御殿ガイドツアー

仙巌園で「特別な」体験をしたいなら、ここがオススメ!お殿様が実際に生活していた色々なお部屋を、着物姿の専門ガイドが20分おきにご案内しています。そのあとは殿様気分で美しい中庭を見ながらお抹茶とお茶菓子をお楽しみください。

詳しく見る

アートな気分なら

薩摩切子工場見学コース

職人の手で丹念につくられている薩摩切子。仙巌園に隣接する切子工場では、吹きガラスによる生地つくりからカット・磨きまで、薩摩切子の制作過程をすべて見学することができます。※ご注意:工場の定休日と休憩時間には見学できません。

詳しく見る

いろんな視点で楽しむ テーマ別案内

鹿児島を代表する観光地「仙巌園」をよりお楽しみいただけるよう、多彩な魅力と見どころを様々な切り口にてご案内いたします。

景色と風情

桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景色が、仙巌園の最大の魅力です。幕末の名君、28代島津斉彬がこよなく愛し、徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運ぶなど、国内外からの来園者を魅了し続けてきた仙巌園の景色と風情をご紹介します。

詳しく見る

歴史と文化

中国文化の影響が色濃く見られるのも仙巌園の特色。園内や隣接地には、日本初の工業地帯、集成館の跡地もあり、近代日本の技術力、工業力の原点ともいえる地でもあります。南の玄関口といわれた薩摩の歴史・風土とともに仙巌園を紐解いていきます。

詳しく見る

">お食事

地元選りぬきの食材を使用した薩摩の郷土料理から会席料理、黒豚や黒酢などをふんだんに使用した料理など、お客様のニーズに合わせたメニューをご提供。昔ながらの素朴な風味が人気の名物ぢゃんぼ餅などお客様の旅の疲れを癒す休憩処も充実しております。

">詳しく見る

">おみやげ

鹿児島を代表する工芸品「薩摩切子」や「薩摩焼」をはじめ、「屋久杉」を使った様々な商品、「大島紬」を現代風にアレンジした商品、さらに焼酎や黒酢、さつまいもを使ったお菓子まで、鹿児島の特産品がほとんど揃っています。中には仙巌園でしか手に入らない限定品もあります。

">詳しく見る

通好みな見どころ

さりげないところに、興味深い歴史的エピソードやトリビアが転がっているのも仙巌園の魅力です。ここでは、思わず「へぇ~」とうなってしまうような、ちょっとマニアックで通好みな見どころ、楽しみどころにスポットを当てていきます。
蔵のフック

蔵のフック

 園内にあるひときわ立派な門は、2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」のロケでも使われた仙巌園の正門です。ドラマでは薩摩藩江戸屋敷の…

詳しく見る

【 2014年04月18日 更新 】

ヤクタネゴヨウ

ヤクタネゴヨウ

 御殿の前庭にある大きな松の木はヤクタネゴヨウ(屋久種子五葉)といって、屋久島と種子島にだけ自生するめずらしい品種です。屋久島に1…

詳しく見る

【 2014年02月06日 更新 】

千葉蓮の碑

千葉蓮の碑

仙巌園の入口を入ったところには、戦国時代の有名な武将である17代義弘の甲冑(復元)がかざられていますが、それ以外にも園内には義弘ゆ…

詳しく見る

【 2013年05月09日 更新 】

名勝 仙巌園 [磯庭園]とは

仙巌園は、万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸です。錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が仙巌園の最大の魅力です。幕末の名君、28代島津斉彬がこよなく愛し、徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運びました。
 また、南の玄関口といわれた薩摩の歴史・風土にふさわしく、中国文化の影響が色濃く見られることが仙巌園の特色の1つです。さらに温帯と亜熱帯の境に位置することから、数多くの珍しい植物が植えられています。

詳しく見る