尚古集成館本館について
耐震・リニューアルのため2024年9月末まで休館しております。別館については無休で開館しております。

「警察と漫画」展

近代警察制度150周年と『だんドーン』&『ハコヅメ』の世界

明治7年(1874)、我が国で近代警察制度が産声をあげました。内務卿・大久保利通のもと、警察のトップは大警視として川路利良が就任。現在の警察制度の基礎を築きました。
川路の後も大警視(のちに警視総監)は鹿児島出身者が多数就任し、警察の発展は鹿児島とのつながりは少なくありません。
昨年、川路利良を主人公とした漫画『だんドーン』がモーニング(講談社)で連載開始。島津斉彬をはじめ幕末薩摩の活躍が描かれています。

そこで警察制度150周年および川路利良生誕190年にあたる2024年にあわせて、作者・泰三子氏の『だんドーン』および前作で警察官が主人公の漫画『ハコヅメ』の原画展示を開催し、
仙巌園をお越しの方々に泰三子様の作品の魅力とともに、近代警察制度と鹿児島とのつながり、鹿児島の歴史の魅力を知っていただきたいと考えております。

展示内容
・泰三子氏『ハコヅメ』および『だんドーン』複製原画(合計50点以上)
・川路利良と近代警察制度についてのパネル展示

※その他、コラボグッズも販売予定です。

近代警察制度150周年と『だんドーン』&『ハコヅメ』の世界
「警察と漫画」展
日時:
5月11日(土)~6月9日(日)
場所:
伝統文化体験施設2Fホール
作品紹介:
泰三子氏『だんドーン』の詳細につきましては下記から御覧ください。
こちら
入場券購入