薩摩の殿様と姫君が愛した
島津家の庭園

島津家別邸「仙巌園」と世界文化遺産「旧集成館」

島津家別邸「仙巌園」は日本を代表する大名庭園で、桜島を望む雄大な庭園に加え、殿様が暮らした御殿があり、お食事やお土産物の施設も充実しています。また隣接地には、島津家に関する史料を展示する博物館「尚古集成館」や、薩摩切子の製造を見学できる工場もあります。

詳しくみる

仙巌園の見どころ

御殿

御殿

園内の御殿は幕末明治には迎賓館となり、国内外の賓客が訪れました。最後の藩主となった島津忠義も明治30年に亡くなるまでここで暮らしています。邸内を見学して(有料)、殿様の居間から庭園を眺めればまさに「殿様気分」。往時の殿様の暮らしぶりをご体感ください。

詳しくみる
庭園

庭園

薩摩藩主島津家の別邸「仙巌園」は約350年前に築かれた、わが国を代表する大名庭園のひとつです。目の前にそびえる桜島を築山に、錦江湾を池に見立てる雄大なつくりと、岩山に字を刻むなど中国文化の影響を色濃く伝えているのが見どころで、国の名勝に指定されています。

詳しく見る
反射炉跡(世界文化遺産)

反射炉跡(世界文化遺産)

幕末の明君・島津斉彬は、列強の侵略に備えるために鉄製の大砲をつくろうとしました。当時、日本には大量の鉄を溶かす技術がなく、オランダの書物を頼りに在来技術を駆使して築造されました。実稼動した反射炉は世界に2基しか残っておらず、非常に貴重なものです。

尚古集成館本館(旧集成館機械工場 世界文化遺産)

尚古集成館本館(旧集成館機械工場 世界文化遺産)

集成館機械工場は、慶応元年(1865年)に竣工した日本に現存する最古の洋風石造工場です。オランダ製の蒸気機関や工作機械を備え、船や大砲の部品などが製造されていました。現在は博物館となって、薩摩の歴史・文化や斉彬の集成館事業を展示説明しています。

詳しくみる
薩摩切子工場

薩摩切子工場

島津斉彬が日本を豊かにするために考えたもののひとつが、それまでになかったような色被せのカットガラス、薩摩切子です。薩摩切子は斉彬の死後一時途絶えますが、百年以上の時を経て復元されました。この工場では薩摩切子の製造のすべてを間近に見学できます。(予約不要、休業日有)

詳しくみる

お知らせと催し物

07月20日~09月20日

「描かれた戦国島津」開催

仙巌園では、7月20日(土)~9月20日(金)に、御殿企画展示「描かれた戦国島津」を開催します。 戦国時代の島津家を紹介している漫画3作品をそれぞれ3週間ずつ展示する初めての催しです!

07月20日~08月09日

描かれた戦国島津 Vol.1「センゴク権兵衛」原画展

仙巌園で今夏開催される御殿企画展示「描かれた戦国島津」の第一弾の発表です。

08月31日~09月20日

描かれた戦国島津 Vol.3「ドリフターズ」原画展

仙巌園で今夏開催される御殿企画展示「描かれた戦国島津」の続報です。

甲冑着装体験&撮影会

大名庭園で、本格的な甲冑着装と写真撮影を実施します。歴史ある場所で、雄大な桜島を背景に、勇壮な甲冑を身にまとってみませんか?

薩摩の郷土料理をはじめバラエティー豊かな料理をご用意

地元選りぬきの食材を使用した薩摩の郷土料理から会席料理、黒豚や黒酢などをふんだんに使用した料理など、お客様のニーズに合わせたメニューをご提供。昔ながらの素朴な風味が人気の名物ぢゃんぼ餅など、お客様の旅の疲れを癒す休憩処も充実しております。

レストランをみる

鹿児島の伝統工芸品から特産品、仙巌園限定商品まで豊富な品揃え

鹿児島を代表する工芸品「薩摩切子」や「薩摩焼」をはじめ、焼酎や黒酢、さつまいもを使ったお菓子まで、鹿児島の特産品がほとんど揃っています。なかには、ここ仙巌園でしか手に入らない限定商品もあります。

おみやげをみる

仙巌園で執り行われる「催し物情報」

07月20日~09月20日

「描かれた戦国島津」開催

仙巌園では、7月20日(土)~9月20日(金)に、御殿企画展示「描かれた戦国島津」を開催します。 戦国時代の島津家を紹介している漫画3作品をそれぞれ3週間ずつ展示する初めての催しです!

07月20日~08月09日

描かれた戦国島津 Vol.1「センゴク権兵衛」原画展

仙巌園で今夏開催される御殿企画展示「描かれた戦国島津」の第一弾の発表です。

08月31日~09月20日

描かれた戦国島津 Vol.3「ドリフターズ」原画展

仙巌園で今夏開催される御殿企画展示「描かれた戦国島津」の続報です。