春の仙巌園

南国鹿児島の春

赤みの濃い寒緋桜、薫り高い梅、ハヤトミツバツツジに山桜。
春の庭園には、花々が美しく咲きそろい、訪れる人を優しく迎え入れます。
春陽麗和の好季節、仙巌園へお越しください。

庭園

仙巌園は万治元年(1658年)、19代光久によって築かれた島津家別邸です。錦江湾や桜島をとりいれた雄大な景色が美しく、迎賓館としての役割も果たしています。日本の近代化をリードした場所でもあり、2015年に世界文化遺産の構成資産に登録されました。

詳しくみる
御殿

御殿

歴代の島津家当主に愛されてきた御殿。邸内の美しい装飾や、正面に桜島をのぞむ景色から、当時のお殿様の暮らしぶりをご体感ください。

詳しくみる

尚古集成館

島津家の歴史や南九州の文化を紹介する博物館。建物は日本最古の石造洋式機械工場「旧集成館機械工場」で、こちらも世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産に登録されています。大砲、琉球船模型、薩摩切子など、多彩な展示物が島津家の歴史を伝えます。

詳しくみる

薩摩切子工場

仙巌園のとなりにあり、予約なしで見学できます。溶けたガラスが美しい器になるまでのすべての工程と、熟練した職人の技を間近でご覧いただけます。(無料ですが、休業日、営業時間にご注意下さい)

詳しくみる
桜島

桜島

鹿児島のシンボル、桜島。標高1,117メートルの活火山で、立ち上る噴煙からは大自然の力を感じることができます。四季によって表情を変える桜島を、仙巌園よりお楽しみください。

コース案内

50,000平方メートルの敷地面積をほこる仙巌園には、歴史、文化、自然など様々な見どころが点在しています。大事なポイントを見逃さないために、4つのテーマで園内散策コースをご案内します。