催し物

美しい四季のうつろいと、伝統文化にふれる
仙巌園では、島津家に伝わる年中行事や日本の伝統文化をご体感頂ける催しを、数多く開いています。
植物鑑賞と合わせてのガイドツアーなど、島津のお殿様が愛した庭園で、季節毎の催し物をお楽しみください。
02月15日~04月26日

薩摩のひなまつり

島津家の姫たちに愛された絢爛豪華な人形とひな道具が、年に一度だけ公開される。期間中は、鹿児島の伝統工芸品「薩摩糸びな」の制作教室や女性の幸せを祈る神事「流しびな」、大名家に伝わる風流な歌会「曲水の宴」など、さまざまな行事を開催。

02月29日

流しびな

源氏物語にも登場する「流しびな」は、災いを人形(ひとがた)にうつして川や海に流す伝統行事です。 仙巌園で行われる「流しびな」は、園内にある曲水の庭の清流に身代わりびなを流し、一年の幸せを願います。

03月01日

終日休園

2020年3月1日(日)に、来園者通路に大型重機を配した整備工事を複数実施するため、休園致します。ご理解賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

03月14日~03月22日

春の仙巌園満喫めぐり

「薩摩のひなまつり」開催中のこの季節、園内でも桜や桃などの春の植物を楽しめます。「春の仙巌園満喫めぐり」では、島津家に伝わるひな道具や人形、薩摩切子のひな段飾りをご覧いただいた後、曲水の庭などを含む園内を専門ガイドがたっぷりとご案内します。

03月29日

親子で体験 春の和菓子づくり

創作和菓子で有名な鎌倉の「手毬」の代表作家、御園井裕子先生が教える春の和菓子づくり教室です。今回は、薩摩のひなまつり開催に合わせ、春らしい2種類の和菓子を製作します。

04月05日

曲水の宴

曲水の宴とは、上流から流した酒盃が前を通り過ぎないうちに和歌を作り、盃を取り上げて酒をいただく風流な宴です。

04月10日~04月18日

螺鈿(らでん)体験

鹿児島県の仏壇の産地である、川辺仏壇より職人をお招きし、雛道具の一つである「貝桶」に入っている貝をイメージし、二枚貝に美しい螺鈿をほどこす体験をして頂きます。

04月25日~05月06日

五月幟の展示

明治時代の古写真や随筆などに残された島津家30代忠重の五月幟を再現。 10mを超える雄大な飾りは圧巻です。

05月04日

野田郷島津太鼓の演奏

島津家とゆかりの深い出水市野田で結成された和太鼓集団が勇壮な演奏を行います。雄大な桜島をバックに、ステージ上で迫力の演奏を繰り広げます。和太鼓の力強い音色をお楽しみください。

05月03日

薩摩日置鉄炮隊の演武

日置市を拠点とする薩摩日置鉄炮隊が火縄銃でおもてなしいたします。

05月23日~06月07日

花菖蒲の展示

「ノハナショウブ」を中心に14品種約1,000鉢の花しょうぶをご覧いただけます。花しょうぶは江戸時代より武士などによってさかんに栽培され、ひとつの原種から数千もの品種が生まれるほど人々に愛された植物です。

07月25日~08月23日

斉彬たちが愛した朝顔の展示

夏の風物詩の1つ「朝顔」。幕末の名君 島津家28代斉彬は、朝顔の栽培をこよなく愛していました。