庭園

仙巌園は万治元年(1658年)、19代光久によって築かれた島津家別邸です。錦江湾や桜島をとりいれた雄大な景色が美しく、迎賓館としての役割も果たしています。日本の近代化をリードした場所でもあり、2015年に世界文化遺産の構成資産に登録されました。

庭園の見所

反射炉跡

28代斉彬がオランダの書物をもとに造らせた、鉄を溶かして鋳型に流し、大砲の砲身を作るための施設。現在は基礎部分の重厚な石組みを見ることができます。

錫門

屋根を鹿児島の特産である錫で葺いた、かつての正門。明治時代には、この美しい朱塗りの門を管理するため、漢方医たちが毎日手入れをしていました。

正門

明治28年(1895年)、29代忠義が鹿児島の大工に命じて建てさせた正門。磯の裏山の楠を利用し、島津家の家紋である丸十紋と桐紋が掘り込まれています。

発電用ダム跡

29代忠義が造らせた発電用のダム跡。ここからの送電により、御殿や庭にアーク灯がともり、自家用電話も設置されました。

獅子乗大石灯篭

29代忠義が明治17年(1884年)に造らせた、庭園の中で最も大きな灯籠。獅子は「飛獅子」といい、桜島の方向を向いているのが特徴です。

江南竹林

21代吉貴の代に、まだ国内では繁茂していなかった江南竹(孟宗竹)2株を琉球から取り寄せ、この地に植えました。現在は涼やかな竹林として親しまれています。

千尋巌

11メートルある巨岩に、千尋巌の3文字が刻まれています。これは27代斉興の代に、延べ3900人が3ヶ月かけて刻んだものです。

猫神

17代義弘は猫の瞳で時刻をよみ、戦に役立てました。生きて帰った2匹は猫神様として祀られ、現在も多くの方に慕われています。

鶴灯篭

鶴が羽を伸ばした姿に見えることから、鶴灯籠と呼ばれています。庭の中央に位置し、28代斉彬がガス灯実験を行ったと伝わる灯籠です。

望嶽楼

19代光久の時代に琉球国王から献上された、異国情緒あふれる東屋。28代斉彬と勝海舟もここで会談をしています。

曲水の庭

春に、雅やかな催し「曲水の宴」を催すための庭。わが国最大規模の庭で、随所に中国文化の影響を感じることができます。

御庭神社

鶴丸城内にあった神社や、仙巌園内外にあった神社を大正7年(1918年)に合祀したもの。

御殿

19代光久が別邸として庭園を構えてから、歴代の藩主に受け継がれてきた御殿。29代忠義が鹿児島に住んだ12年間は、本邸として使用されました。現在は、明治17年(1884年)に改築された部屋を中心に、当時の3分の1が残されています。

詳しくみる

コース案内

50,000平方メートルの敷地面積をほこる仙巌園には、歴史、文化、自然など様々な見どころが点在しています。大事なポイントを見逃さないために、4つのテーマで園内散策コースをご案内します。