新型コロナウイルス感染拡大防止
仙巌園の感染拡大防止への取り組みについては、ご来園する前に必ずご確認ください。

「みんなのジメサァ」展

持明院 亀寿姫生誕450年

持明院亀寿姫

2021年は戦国乱世の島津の姫であり、「ジメサァ」として今も慕われている持明院 亀寿姫(16代義久三女・18代家久夫人)の生誕450年です。
「美の女神」として知られ、明治維新の際には肖像画が伝来していましたが、現在は残っていません。
そこで今回、イラストレーターの皆様に描いていただいたそれぞれの「亀寿姫」を展示いたします。

作品展を通じて、亀寿姫の業績と魅力に触れてみてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――
【作者一覧】(敬称略)
県外:長野剛、添田一平
県内:東瀬涼、amitaro、海嶌あありすけ、狩矢響、九六胡椒、古賀星羅、ことうのぞみ
   さくらもち、汐張神奈、東雲ののか、jinju、鶴田典子、まむねむこ、yuki絵

■トップ絵:持明院亀寿姫 画:長野剛/尚古集成館所蔵

持明院 亀寿姫生誕450年「みんなのジメサァ」展
期間:
2021年10月5日(火)~11月5日(金)
場所:
園内御殿
料金:
御殿共通券でご覧いただけます
入場券購入