五月幟の展示

明治時代の島津家の年中行事を復元

五月幟は島津家に伝わる端午の節句の幟で、30代島津忠重の随筆『炉辺南国記』の記載を再現したものです。

五月幟自体は江戸時代はじめ、19代光久のころから立てられており、江戸時代後期には城下にも立てられるようになりました。
「鯉のぼり」は本来神を招く目印として立てられたものです。派手で豪華になったのはごく近年になってからのことで、それ以前は※¹馬印(うまじるし)を立てたごく簡単なものでありました。

一般民衆は馬印をもたないので、鯉のぼりを立てるようになったと言われています。
(鯉=出世魚;鯉が天に昇ると竜になるという言い伝えがある)
島津家の五月幟もこの馬印に則ったもので、幟は全部で7本。島津家の家紋である丸十紋を配したものが2本、桐紋が2本、昇り竜・降り竜各1本、吹き流しが1本。

それぞれの最上部には※²馬簾(ばれん)が付けられ紋入りの旗を飾る。吹き流しは金色の玉の下に縮緬(ちりめん)の五色の布でつくられています。

※¹馬印(うまじるし)…馬標・馬駿とも書く。また馬幟(うまのぼり)・纏(まとい)ともいう。大将の馬側に立ててその所在を示す旗幟。戦の時だけでなく、家などにも飾っていた。
※²馬簾(ばれん)…厚紙・皮などを細長く裁ち、馬印の飾りとして周囲に垂れ下げたもの。

五月幟の展示
日時:
4月27日(土)~5月6日(月・祝)
時間:
08:30-17:30
会場:
御殿下庭 

※雨天・荒天時は危険防止のため、幟を降ろします。