猫神絵馬

猫神絵馬

2匹の猫が描かれた仙巌園限定の絵馬

 文禄・慶長の役の際、第17代島津義弘は猫7匹を朝鮮に連れて行き、猫の眼の瞳孔の開き具合で時間を計っていたと伝えられています。そのうち生還した2匹が後に、猫神として園内に祀られることになりました。この“猫神”へはネコたちの末永い幸せを祈って多くの人々が参拝に来られます。2匹の猫ヤスとミケが描かれた絵馬は仙巌園限定の絵馬です。
価格/650円(税込)
店舗名/桜華亭売店

おみやげ