通好みな見どころ | ちょっと自慢できる土産話の欲しい方

ヤクタネゴヨウ 御殿前にそびえるヤクタネゴヨウ

ヤクタネゴヨウ

時代の流れを見つめ続ける樹

 御殿の前庭にある大きな松の木はヤクタネゴヨウ(屋久種子五葉)といって、屋久島と種子島にだけ自生するめずらしい品種です。屋久島に1,000~1,500本、種子島では100本程度しか残っていないといわれ、環境省のレッドデータブックでも絶滅危惧種(1B類)にあげられています。
 仙巌園のヤクタネゴヨウは樹齢およそ350年以上といわれ、高さ約30mの堂々とした大木で、庭園のシンボルツリーとして親しまれています。昭和47年に昭和天皇が仙巌園に行幸された際には、お土産としてこの松の苗木を持ち帰られ、伊豆下田の須崎御用邸に植えて育てられたそうです。

【 2014年02月06日 更新 】

  • ヤクタネゴヨウ 松ぼっくりもたくさんなります

通好み見どころ 一覧

蔵のフック

蔵のフック

 園内にあるひときわ立派な門は、2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」のロケでも使われた仙巌園の正門です。ドラマでは薩摩藩江戸屋敷の…

詳しく見る

【 2014年04月18日 更新 】

ヤクタネゴヨウ

ヤクタネゴヨウ

 御殿の前庭にある大きな松の木はヤクタネゴヨウ(屋久種子五葉)といって、屋久島と種子島にだけ自生するめずらしい品種です。屋久島に1…

詳しく見る

【 2014年02月06日 更新 】

千葉蓮の碑

千葉蓮の碑

仙巌園の売店には、戦国時代の有名な武将である17代義弘の甲冑(復元)がかざられていますが、それ以外にも園内には義弘ゆかりのものがい…

詳しく見る

【 2016年04月13日 更新 】

7件中 1件目から3件目を表示中

コンシェルジュ