景色と風情 | 殿様と姫君を魅了した理由を知りたい方

御庭神社

御庭神社おにわじんじゃ

13の神社のパワーが集合

園内を流れる保津川(花倉川)を見おろしながら、ひっそりとたたずんでいるお社。それが御庭神社(おにわじんじゃ)です。
 もともとは鶴丸城内や仙巌園の内外にあった13の神社を、大正7(1918)年に社殿を新築して合祀したものです。まつられているのは、朝日神社、厳島神社、鶴ヶ岡八幡神社、八幡神社、菅原神社、鷹屋神社、大国神社、春日神社、諏訪神社、愛宕神社、稲荷神社、狐神社、五所大明神様。
 これだけたくさんの神様が集まると、ご利益もいっぱい。家内安全、健康長寿、学業、交通安全、開運、縁結び、子孫繁栄などなど…。園内の奥にあるので訪れる方はそう多くないのですが、ぜひお参りして幸運をさずかってください。

【 2014年02月15日 更新 】

景色と風情 一覧

観音岩

観音岩

園内の濾過地から少しあがったところに、ひっそりとある大きな岩。
その上部には丸の中に観音菩薩をあらわす梵字(ぼんじ)が彫られて…

詳しく見る

【 2014年03月16日 更新 】

御庭神社

御庭神社

園内を流れる保津川(花倉川)を見おろしながら、ひっそりとたたずんでいるお社。それが御庭神社(おにわじんじゃ)です。
 もともとは…

詳しく見る

【 2014年02月15日 更新 】

反射炉跡

反射炉跡

 2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」。
その重要な構成資産のひとつが、仙巌園…

詳しく見る

【 2016年04月13日 更新 】

1 2 3 4 5
14件中 1件目から3件目を表示中

コンシェルジュ